感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  レニングラード駅、カザン駅  ≫

サンクトペテルブルク行きのサプサン号発着のレニングラード駅
グジェル村行きの発着するカザン駅 を下見する。


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (2)
2017-10-06 〜 2017-10-20




二日後に、レニングラード駅から サンクトペテルブルクへ移動するので、
大きなスーツケースを持って迷わないように、事前に駅の確認に出かけた。
同じ地下鉄コムソモーリスカヤ駅にあるカザン駅も序に下見しておいた。





地下鉄コムソモーリスカヤ駅



何ヶ月も、キリル文字のアルファベットを 紙に書いて文字だけは何とか読めるようになっている。

↓  進行方向側の出口から出る。  ↓



地下鉄を出ると、、正面二 レニングラード駅、、、右手に ヤロスラブリ駅 が見える。

この時点では、、サプサン号乗場のレニングラード駅はここだと思っていたのだが、、


どの駅も、、
Long-distance-torains (長距離列車) 用と   Sunurban-trains (近郊列車) 用とは別の駅舎であると気が付かされる。


Sunurban-trains (近郊列車) 用は、

自動改札機で、、乗車券の QR コードを読ませて中に入る。




レニングラード駅の   Long-distance-torains (長距離列車) 用建物



一応の確認はできた。  後は当日に奥へ入ればよいだけである。



↓  駅前広場の ドネルケバブ屋、、、体験のために 朝食とする。  ↓
チキンケバブと たまねぎ、トマト、きゅうりをナンで巻いて、
改めて、鉄板で焼いてから提供してくれる。
野菜たっぷりで、、食べ応えがあり、結構いける。
カフェやビュッフェの高価なサンドよりも 味は緻密だ。






↓  南のカザン駅へ向かう。  ↓
こちらは、、グジェリ村へ行く為の近郊列車の乗る予定だ。


広い道路には横断道はなく、、地下鉄用の出入口に下りてから反対側に出る。
( 結果的には、、地下道を真直ぐ進めば、、近郊列車用に行けたのだが、、地上に出てしまった。 )


↓  カザン駅側の光景、、、スターリン・クラシック様式のヒルトンホテルが目立つ。  ↓




↓  カザン駅側から レニングラード駅方面を見る。  ↓




カザン駅の駅舎は広く、、コンビニ、飲食、土産物店と とても便利である。
ホテルのATMらしき機械ではルーブル引き出しができなかったので、、
数台並んでいる ATM で英語が明確に選べる機械で、、ルーブルの引出に成功する。
後日、、グジェリ村に行く時にも、同じ ATM でルーブルの引出をする。



カザン駅一階で、、ウロウロするが、、グジェリ行きの近郊列車の乗場が全く見つからない。
何度も徘徊して、、Sunurban-trains の文字を見つけて、、地階であると理解する。


地下の 近郊列車用改札と乗車券窓口、、、地上と比べてとても狭いのだ。
地下鉄のカザン駅出口を選べば、、そのままここに至るのだ。

↑   予定の列車は 13号線から出発との電光掲示板まで確認して、、グジェリ行きは No Problem である。 ↑


この時点で  9:06 である。


今日は 12時から ボリショイ劇場のマチネー観劇である。

ホテルに帰り、、到着通知の書類を受け取り、、、
ツム百貨店の地階の高級食品スーパー等を探索しながら、、ボリショイ劇場へ向かう。






2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ