感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  イサク聖堂 (サンクトペテルブルク)  ≫

高さ60mのドームから大展望  & 素晴らしき聖堂内
1858年完成 (1819年建設開始、設計はフランス人)
--- 建設開始の1819年は、ナポレオンのモスクワ侵攻・敗退の7年後である。 ---


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (13)
2017-10-06 〜 2017-10-20





今年1月の訪問時は、出カプリスト広場から眺めただけだったので、
「ヨシッ! 次回は上るぞ! 」 と意欲を燃やしていたのだ。


↓  高さ101.5m、 横97.6m、奥行き111.3m ↓




聖堂内=MUSEUM・250P、 展望台=COLONNADE・150P


↓  展望台=COLONNADE への GATE ↓
階段は196段で鐘楼の上、そこから梯子でドームへ移動する。




ドームの最下部の周囲が展望台となっている。




北西方向のネヴァ川、、、目の前が デカプリスト公園だ。 青銅の騎士像がある。

画像クリックで大画像へ




↓   建築中の超高層ビル                       ペトロパブロフスク聖堂   ↓




↓       北東方向      ↓




↓ 宮殿広場のアレクサンドルの円柱      血の上の救世主教会          カザン聖堂  ↓                  .




↓   血の上の救世主教会は修復中だ。

カザン聖堂のドーム   ↑



↓  南東方向    イサク広場、ニコライ1世騎馬像、マリインスキー宮殿   ↓

右端の遥か遠方に見えるドームは、 トロイツカヤ・プロシャン=至聖三者大聖堂     ↑



↓   南西方向   ↓
左端に ニコライ聖堂と鐘楼のドームが見える。 マリインスキー劇場は低くて見えない。

遥か彼方のクレーンは、、ネヴァ川沿いの工場地帯だ。  ↑



↓  ほぼ 西方向、  右端がネヴァ川  ↓



南東の鐘楼から上り、北西の鐘楼を降りて、、一旦北の外に出るので、 南に戻り、聖堂に入る。






↓   聖堂内の大空間は、、期待を超える壮大な華麗さであった。   ↓


↑  中央ドームと 東の主祭壇  ↑
↓  ドームのガラス窓の外側周囲が、、展望台なのだ。  ↓



↓  東の主祭壇  ↓





↑  キリストの復活のステンドグラス  ↑



↓  ドーム天井を 真下から  ↓




↓  主祭壇前から、、反対の西を見る。   ↓




西側には祭壇は無く 扉である。

















↓  北東隅にある祭壇  ↓

ここだけは、、宗教施設で、、内部は撮影禁止。




↓  絵画も、イタリア・スペイン風で親しみが湧く  ↓




想定外の 素晴らしい聖堂で気分爽快、、、
つい、、記念に何か買いたくなる。
Shop も 多彩だ。



13時半頃に着いて、、外に出たのが 14時半だ。



ニコライ1世騎馬像を見て、、ネプスキー大通り方向のバスを待つ。

今夜は、、マリインスキー劇場U で バレエ 海賊 の予定である。  7時開演なので、、時間は十分にある。

ネプスキー大通りを 散策し、、
エカテリーナ2世像、フォンタンカ川に架かるアニーチコフ橋、ベロセリスキー宮殿  と写真を撮り
そのまま 歩き、、ホテルへの途中の MaMa Roma で快適な食事タイムとする。  これらは別掲。








2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ