感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ
写真豊富な のぶながワールド

≪  Mama Roma、Stolobay No.1、Bushe、Stockmann (サンクトペテルブルク)  ≫

Mama Roma = イタリアン レストラン
         サンクトペテルブルク各地に店舗展開
Stolobay No.1 = セルフ食堂
         サンクトペテルブルク各地に店舗展開

Bushe = 固いパンのあるビュッフェ
         サンクトペテルブルク、モスクワ各地に店舗展開

Stockmann = 大型スーパーマーケット
唐人酒家 = 中華


2度目のロシア旅行
15日間独り歩き (23)
2017-10-06 〜 2017-10-20




サンクトペテルブルク5泊で、食したレストランは、、
イタリアン Mama Roma に 2回
セルフレストラン Stolobay No1 に2回
中華料理 唐人酒家 に一度。

見学先では、、持参した果物とパンとで昼食とする事が多いので、
レストランでは、ともに 遅めの昼食と夕食兼用となる。






■  イタリアン Mama Roma  ■

市内にチェーン展開しているようだ。





ネフスキー大通りを歩いていて、、ランチセットが 365P という看板に惹かれて入ったのだが、、
2階がとても広い客席だ。
↓  店員が 皆 キビキビと動き 気持ちの良いレストランであった。  ↓



スープ+サラサ+メイン+ドリンク+パン で 365P なので、、
まともなものが出てくるとは思わなかったが、、
結果は 大正解の 選択であった。



平日の お昼 12時から夕5時までが ランチメニューあり。
曜日毎に 料理の組合せが代わる。

↑  サラダとメインが2種類の中から選べる。  ↑


↓   通常のアラカルトメニュー  ↓




↓   1回目の食事  ↓




サラダもスープも本格的な 持ちつけと味、、ボリュームである。
3:30 と 遅めの昼食なので、、、最初に出された フォカッチャを確りと食べてしまった。

サラダ、スープと満足感に浸りながら、、メインの ポークフィレに移る。
ポークフィレの肉が 分厚く緻密な為、、ボリュームがあるのだ。
3枚あったが、、最後の一枚が食べきれない、、、
最初のフォカッチャが胃の中で膨れ上がっているである。
それ程に、、ポークフィレの量はある。 美味かったのに残してしまった。



↓   2度目は、、フォカッチャは程々に、、    ↓



サラダは、、丁寧な盛り付け、、新鮮だが嬉しい、、
透明感のある暖かいスープも心地良い。
今回のメインのカツレツは、程々の量で、、もっと食べれた。
ドリンクは、、水で、、ガスかノンガスを選べるだけなので、
コーヒーを追加した。


後で気がついたのだが、、、ここは チップを置くべき所なんだ。






■   Stolobay No.1  ■

セルフレストランで ホテル近くと、モスクワ駅横の 2店舗で食した。

モスクワで ムームーに慣れていたので、躊躇無く入れた。

ホテル近く、、




ムームーよりは 小じんまりとした店舗、、種類も少ないか?

現金払いのみ  だったが、、その安さに 驚いた。
野菜サラダ 2皿 + ソーセージ 66g + ジュース+ パン で 330円なのである。
結構 満腹感はある。



↓    2度目は、、モスクワ駅の西向かい   ↓

こちらは 広く、、種類も豊富だった。
客の出入りも多い。





↓  今回も 野菜を2皿  + 肉 + 茸・イモ  ↓
これでも  420円 !!
ムームーでは  1000円を越えていたので、、この安さは驚きである。








↓   カフェ Bushe   ↓
ブーシェ

モスクワでも店舗展開は多い。

固いパンの種類が多いので、大いに利用した。
サンドの具も確りしている。

中国では、、柔らかく甘いパンばかりなのが悩みの種だった。
北京の味多美だけがまともなフランスパンを焼いている。
それで、、味多美横のホテルに泊まる事が多くなった位だ。




↓    唐人酒楼    ↓

バレエ観劇前に、、軽く食事をしたかったので、、気楽に中華へ、、

ところが、、ほうれん草炒めとか、、選んだメニューが、、できません!! と
メンドクサクなって、、ポーク入り焼きそば、、キャベツのナントカ

↑  それなりに美味しいのだが、、、寂しい彩となって不満だったのだ。   ↑
焼きそば 158 + キャベツ 235 = 393P  800円






モスクワ駅の道路の反対側、、、

大きな本屋で 地図を買い、、

↓  地下鉄出口前の 大きなスーパーマーケット Stockmann で食品の仕入れ  ↓

地階が 食品売り場




果物の形はよいが、、日本に比べて小さいものばかり、、



キウィも 日本ではありえない小ぶり、、

袋に入れて秤にかけて、商品番号を指定して、、価格ラベルを印刷する。




↓  買い物カゴではなく、、入口にある黄色い袋に商品を入れて、、レジの前で、、商品を並べて 順番を待つ。  ↓

持ち帰りようの袋が要るかどうかは、、明確に知らせよう !




スーパでは、、ヨーグルトや乳酸菌飲料が、どれかが ナカナカ見つけられない。
ホイップの類と間違えたこともあるのだ。

ロシア語のヨーグルトをプリントして探すのだが、、、

中国では、、ヤクルトが発売されているが、、ロシアではないのだろう、、





2度目のロシア旅行記目次へ
海外旅行専用目次へ  ヨーロッパ旅行専用目次へ 
感動の共有、のぶながTOPページへTOPへ